2007年11月23日

鯵のカレー

またまた写メールが届いた。
今度は鯵のカレー。珍しいですねー。
SS2、早速タマリンド使ったみたいです。
ほかに具はなさそうですが、ペースト状のルーには何が入っているんでしょうかね?(SB2)
0_2.jpg




にほんブログ村 グルメブログへ

2007年11月19日

遥かなる老舗いんであん

前回友人のSBYから届いた老舗いんであんのかれいらいすが、頭にコビリツキ思いを馳せる今日この頃です!
近日訪問計画をたてておりますが、そこで冷蔵庫のタッパーに残っていた欧風カレーを使い作ってみることにしました。
お湯を沸かしメンツユとダシ昆布と鷹の爪を投入、昆布が開いたころ取り出し適量のカレーをいれ、シャバシャバカレーを作ります。
後はSBYの写真を参考に盛り付け。テッペンの牛肉の変わりに鮭と一緒にホイル焼きにしたシメジをトッピング!SBおりじなるいんであんキノコカレーの出来上がり!
ヤッサン必ず行くからね〜あぁ憧れのいんであん航路。(SB1)



にほんブログ村 グルメブログへ

2007年11月11日

かんたんカボチャカレー

やばい!更新が滞り気味・・・。
久々にパスタをゆでました。そのついでに作ったカレーです。
といっても「カレー」というか「カレー風味」てな感じですが。。
1. スーパーで売っている1/4にカットしたカボチャをそのまま電子レンジへ入れ回します。
2. その間にタマネギの薄切りをしっかり炒めます。
3. 潰したトマト、すったショウガを少しいれます。
4. ペースト状になったら、1の柔らかくなったカボチャの実をスプーンではがし、加えます。
5. スパイスは控えめに。クミン・コリアンダー・ターメリック・黒コショウを加えます。
6. 塩と水を足し調整しながら煮込みます。
7. 最後にマスタードシードとカレーリーフを油でプツプツさせ混ぜ込んでできあがり!
香ばしいマスタードシードのプツプツ感が楽しいです。
辛くないので子供でもOK。朝、バケットに塗ってとろけるチーズのせて食べるとこれまた旨いです。(SB2)

にほんブログ村 グルメブログへ

2007年10月29日

マトンダールカレー

顧問の家に遊びに行きました。
写真は、頑張って作ったチキンカレーとトレードしてきた、大好きなマトンカレーです!挽割りまめ(レンズ豆)入りです。
肉は臭みなく、めちゃめちゃやわらかい!顧問曰く、骨付きのマトンを湯がくとき、一緒にターメリックを入れるらしい。
そうすると、油やアクが浮きやすくなるそうです。タマネギも炒めずマトンと一緒に湯がいたそうです。一手一手、考えて作ってるんですねー。
スパイスもコリアンダーと黒コショウのみ。でもしっかりちゃんと旨みあって、スパスィ〜!です。なんで???
色々足しまくった自分のチキンカレーが恥ずかしく思えてきました・・・。(SB2)


にほんブログ村 グルメブログへ

2007年10月28日

カレー風野菜炒め

ヨーグルトカレーを作った時についでに作ったものです。
冷蔵庫のありもの野菜で作れるのでサイドメニューにピッタリですね。
1. きざんだショウガ、カレーリーフ、赤とうがらし、クミンシードを入れて油でプツプツさせます。
2. サイの目に切ったじゃがいも、ニンジン、そしてししとうを入れてよく炒めます。
3. ブロッコリーを追加して炒めた後、少し水を入れ、フタをして蒸し煮にします。
4. トマトとスパイス(コリアンダー、クミン、チリ、ターメリック)を入れ、炒めます。
5. 塩コショウで味を整え、じゃがいもが崩れかけてきたら完成です!
じゃがいもを入れるとスパイスがよく絡んで旨いです。(SB2)

にほんブログ村 グルメブログへ
タグ:野菜カレー

2007年10月25日

ありものでスープカレー。心 前夜祭

ありものでスープカレーSB1編です。
以前、訪問欠席してしまった、スープカレー屋 心(こころ)に明日突撃決定です。
二日酔いの為、辛いスープが飲みたくなり即席スープカレーを作ることにしました。
大きく切ったジャガイモ、ニンジン、鶏もも肉、マイタケ、プチトマト、鷹の爪、月桂樹を使ったコンソメベースのシチューを造ります。
完成したら後はカレー粉、ガラムマサラ、ターメリックで味を整えて、チリパウダーで辛さを出し出来上がりでした!
30分弱で完成です。ご飯をスープに浸し頂きました、心よ待っておれ〜(SB1)

にほんブログ村 グルメブログへ

2007年10月17日

ヨーグルトカレー

白いカレーを作ってみました!
生クリーム系ではなく、ヨーグルトベースなので、レシミカバブをカレーに応用した感じですかね。野菜を切ったりする事がないので即効完成しました!
1. 油にシナモン、黒コショウ、赤トウガラシ、カレーリーフを入れプツプツさせます。
2. 皮を向いてぶつ切りにした胸肉に黒コショウ、ショウガ、塩をいれしっかり炒めます。
3. そこへヨーグルト、ブイヨン、すったニンニク、潰したアーモンドを入れ、煮込んで行きます。
4. 最後にクミンを入れ、塩で味を調整して仕上げます!
かなりサラサラ系ですので3割玄米といただきました。
スパイシーではないですけどちゃんとカレーしてます。サッパリして美味しいですよ。でも見た目的に牛乳が苦手な人には厳しいかもしれません。
これだけでは、スパイス&野菜不足なので、スパイシィな野菜炒めもついでに作りました。こちらも後日紹介します!(SB2)


にほんブログ村 グルメブログへ

2007年10月11日

チキンカレー

ランチの時間、たまに料理番組を見る機会があります。
ある時、洋食のシェフがチキンカレーを作っておりました。
それを食べる上沼恵美子&ゲストの相田翔子がマジな顔で唸っておりました。
ふむふむ、やはり流行るカレーは日本人が好むコク・甘味・酸味の融合が基本なんだなー!・・・と再認識。いつものチキンカレーにイイトコどりしてみました。
1. あらかじめ4種類のスパイス(コリアンダー・クミン・チリ・ターメリック)を炒めておきます。大体4:3:1:1くらいかな。
2. 油に赤トウガラシ2本、潰したカルダモンとカレーリーフをいれます。弾けてきたら、皮を取り除いたもも肉を入れます。
3. ブラックペッパーと塩、そして少しのニンニクを入れ、表面に火が通るまで炒めます。
4. ここで炒めておいたスパイスを1/3程度いれ、もう一度炒めます。肉にもしっかり味をしみ込ませます。
5. 別の鍋でタマネギを炒めます。色が変わる程度でいいです。あくまで男の料理はできあがり30分が基本です!
6. 白ワインを加え、煮立った後、潰したトマトとトマトピューレを入れます。旨いトマト缶を使ってもいいかも。
7. ペースト状になってきたら、先ほどのチキン、残りのスパイス・ニンニク、そしてブイヨン(固形スープを戻した湯でOK!)とすりおろしたリンゴを投入します。
8. 鶏に火が通るまで煮込み、塩をいれ調整した後、とがった酸味・甘味をやわらげるため生クリームをいれます。最後にガラムマサラをしっかり入れて完成!
ちょっとワイン入れ過ぎた感がありましたが、肉も柔らかくなかなかの旨さです。まさにスパシィ〜なジャパニーズカレーって感じです。相方から久々に美味しいという声を聞きました!
生クリーム入れるのはなんとなくツライので、次はアーモンドなどでコクを出してみたいと思います。(SB2)


にほんブログ村 グルメブログへ

2007年10月06日

レシミカバブ

タンドリーチキンはスパイスを混合したマサラが必要だけど、これは誰でも作れます!必要なスパイスは黒コショウだけ!しかも簡単。
1. ボールにレモン汁を入れ、塩を混ぜ、よく溶かします。
2. そこにすりつぶしたショウガ・ニンニク、そしてプレーンヨーグルトを入れ、荒めの黒コショウをこれでもか!というくらいたっぷり振りかけます(スパイスをお持ちの方はここでクミンを少々入れるとより本格的に)。
3. 塩加減を見た後、皮と脂肪を取り除いた胸肉を漬け込みます。ラップをかけ冷蔵庫で2.3日寝かせます。
4. 網を外し、ホイルを敷いた魚グリルで、弱火でじっくり焼きます。焦がさないように5分ごとに様子をみてはひっくり返してください。
5. 箸を突っ込んで、透明な肉汁が出れば完成!
レモン汁をたっぷりかけて頂きます!もも肉や手羽元はタンドリーチキン、胸肉はこのレシミカバブが合う気がします。
あっさりジューシ〜、ダイエットにも最適ですよ!(SB2)


にほんブログ村 グルメブログへ

2007年10月03日

インディアンチゲ

私、SB1のこの冬の週1ペースのご馳走を紹介します。
<1> アルミ鍋にオリーブオイルをしき弱火でニンニクスライス、生姜の千切り、鷹の爪を炒めます。
<2> 基本的に有り合わせですが今日はテッチャン、鶏もも肉、シメジ、ニンニクの芽、ピーマン、玉ねぎ、トマト、豆腐等を粉末のトリガラと昆布ダシ半々のスープを入れた 1 に投入します。
<3> しばらく煮込みそこにスパイス3兄弟?(カレーパウダー、一味、中国の謎の辛味調味料、肉のラー油山椒漬は隠し味的な量)とキムチ(常備している こくうま)を適量に投入します。
<4> 3をしばらく煮込み、カレーパウダーと一味で味と辛さを調整し出来上がり!
カレー味の為、満腹感が早く汗もでるからダイエットにも良し。
最後は中華そばかご飯を投入します。
今日は冷やご飯をいれ、お焦げが出来るまで弱火で煮込み、真ん中に卵を落としたインディアン雑炊でシメマシタ!あー熱い(SB1)

にほんブログ村 グルメブログへ
タグ:キムチ チゲ

2007年10月01日

ドバイから届きました!

といっても、出張から帰った顧問からもらったものです。
インドで買うよりかなり高いけど、日本に比べると大したことありません。
冷凍ですけど、ケララのカレーリーフがたっぷりです!積極的に使ってみるぞ〜。
昔、トライしてなかなかうまくできなかったチャパティにもしっかり取り組むぞ〜。

今はラマダン。朝、チャイが飲めない顧問はかなり弱っています。やっと半分が過ぎましたね。残り頑張ってください!


にほんブログ村 グルメブログへ

2007年09月19日

チキン・ビリヤニ

「ビリヤニ」とは、見た目パエリアのようなインドの炊込みご飯です。
写真のものは以前、顧問の奥さんが、私の家族でめでたいことがあった時作ってくれたものです。
インドではお祝いごとがあった時に食べるご馳走だそうです。お家にたくさんの家族知人を招待して、大皿に大量に作るそうです。これはチキンですが、顧問のお家では通常マトンを使うそうです。
私もこの料理、この時初めて知ったのですが、あまり日本ではメジャーではないようですね。手間がかかるので、お店では割にあわないのかもしれません。味はクセのある物ではありません。日本人の口に非常に合うお料理だと思います。
奥にある、野菜をヨーグルトで和えた「ライタ」を添えていただきます。(SB2)


にほんブログ村 グルメブログへ

2007年09月12日

タンドリーチキン

タンドール(インドの円筒状の土釜)で焼くので、「タンドーリチキン」が正しいのかいな?という疑問が浮かんだので、ググってみると、「タンドーリチキン」21,000件に対して、「タンドリーチキン」は606,000件の記事があった。
ということで日本では「タンドリーチキン」という呼び方が一般的らしい。
写真は、SB顧問に買ってきてもらう「タンドリーマサラ」。タンドリーチキン用にブレンドされたスパイスです。こいつがあれば簡単に本格的なものができちゃいます。
1. 鶏さんを用意します。今回はCostcoで安く仕入れた丸鶏を使いました。骨付きももが一番です!皮はあらかじめ取っておきましょう。
2. すり下ろしたニンニクとショウガ、そして塩をレモン汁にいれて混ぜます。
3. プレーンヨーグルト、タンドリーマサラ、辛味アップのためチリをドサッといれしっかり混ぜます。
4. このままでは茶色いので、あの美味しそうな色にするため、パプリカ色素を少々いれます。
5. お肉をまんべんなく漬け込み冷蔵庫へ。1〜3日寝かせます。
6. 問題は焼き方。どこの家庭にもある魚用グリルを使用します。できるだけ遠火にするため底の網を取ってホイルを敷き、最小の火でゆっくり火を通します。できるだけ焦げないように何度もひっくり返します。
7. 皿に盛りつけレモンをかけて完成!私は代わりにオリーブオイルとバルサミコを付けて食べます。
お店のパサッとしたのとちがってジューシーなので、スパイシーチキンって感じですがいつ食べてもウマー!!です。(SB2)

にほんブログ村 グルメブログへ

2007年09月06日

ありものでスープカレー!

なにかつくりたいなぁと冷蔵庫を見た所、ニンジン・じゃがいも・ブロッコリーなど根菜ばかり。そこで思いついたのがスープカレー。実際食べたことないんですけどあくまで想像で作ってみました。
途中、爽やかにしたいなと思いヨーグルトを入れてみました。コクが足りないので最後にバターも入れてみました。こんな感じでいつも適当です(笑)。
スパイスはあらかじめ炒めておいたので、口に入れた瞬間、ジョワっといい感じに広がります。
なかなかいけますね〜!(SB2)
IMGP0685.JPG

にほんブログ村 グルメブログへ

2007年08月20日

超簡単!サバチリ!

材料を鍋に突っ込むだけでできちゃう、手軽な料理です。うちではよく作ります。イワシを使ってもおいしいです。
ただ、写真の二つを用意しないといけません。ひとつは濃い色のチリパウダー。これは真っ赤っかだけどノーマルのチリほど辛くありません。インドではタンドリーチキンにこれを使うところがあるそうです。色が綺麗ですからね。あと、タマリンド。使っているのは保存できるペーストタイプです。酸味のつよい干し柿ジャム!といった感じです。代わりにビネガーや梅肉とかでもいいかもしれません。
(作り方)
1. 鯖の切り身4枚を用意し切目を入れておきます。
2. 鍋にたっぷりのニンニク、ショウガ少々、チリ大さじ3、ターメリック小さじ1、タマリンド大さじ1、潰したトマト一個、砂糖少々、塩・水適量をいれます。量はあくまで適当です。
3. 2を5分ほど煮込み、トマトがペースト状になってきたら、鯖を投入します。
4. 10分ほど弱火で煮込めば完成!
ごはんのアテに最高です。いいダシがでてキムチに近い味です。私は醤油をたらして頂きます。冷蔵庫で寝かせてから常温で食べるのがベストと思います。(SB2)

にほんブログ村 グルメブログへ

2007年08月14日

ラムホウレンソウカレー

とうとう終わりました!
一緒に参加していた「脂肪燃焼キャンペーン」。ジムで脂肪燃やすと100g=100円貰えるってやつです。私は全くでしたが、顧問はやりました!3,000円ゲットです。
測定日前日に作っておいた、ほうれん草カレーだそうです。2ヵ月我慢したというラムがしっかり入っています。
顧問との直接勝負で1000円負けましたが、それ以上の価値十分ありです。ありがとう、美味しかったでーす。(SB2)


にほんブログ村 グルメブログへ

2007年08月08日

ゴーヤポークカレー

今夜は独り。家では飲まない事にしているビールを買って、好きなゴーヤでカレーを作ることにしました。
実はこのレシピ、この夏に始めて三回目。なかなか好評なんです。豚のかたまりとなかなか合うんです。
材料はこんな感じ。いつも二人分として作るけど、実際、4皿は余裕で盛れます。
1. 豚は大きく適当に切って、クレイジーソルトとペッパーをしっかりかけて揉んでおきます。
2. タマネギを炒めます。(ここで、実は昨日ラジオで聞いたことなのですが、事前にレンジしておくとかなーり楽になるらしい。で、3分間みじん切りしたのを先にチーンしてみた。確かに最初からしんなりしてるので鍋の外に飛びにくいのがいい。でもそれほど感動はなかったかな・・。炒めながら途中お湯を少し足すほうが効果的な気がする。)
3. 油にカルダモンを多めにいれてニンニクショウガ投入。豚をしっかり炒めます。さっき炒めたタマネギをいれてトマトを潰します。
4. 様子みながら少しづつお湯をいれて、ぐつぐつ。火が通るまで5分ほど煮ます。
5. 塩・チリ・コリアンダー・ターメリック・クミンを適当にいれ、さらに10分煮ます。
6. 水に浸けておいたゴーヤを入れてしばらくしたところで、ココナッツミルクパウダーを入れます(これ便利です。日本に売ってるのかな?)。
7. 最後に塩とコリアンダーいれて煮込んで濃さを調整します。

鍋一つ、皿一枚の片づけ簡単な料理です!
汗だくになりながら苦味と辛さにどっぷり。さらにマイルドなココナッツの風味と、カルダモン&ハーブの爽やかさがおかわりを誘います。(SB2)

にほんブログ村 グルメブログへ

2007年07月31日

なすミンチカレー

今日は30度を越える気温にもかかわらず湿度は30パーセント台。7月最終日というのにどうなっているのでしょう?ま、気持ちいいからいいか・・・。
夕方、急にカレーを食べたいとの申し入れがあり、急遽作る事となりました。今回は冷蔵庫にありもの、、ナスと合い挽きミンチでのカレーです。
1. 潰したカルダモンとシナモンを熱した油でプツプツします。
2. そこへニンニクとショウガを投入して、いい匂いを感じておきます(笑)。
3. ミンチを投入し、臭みがなくなるよう、しっかり色が変わるまで炒めます。少し塩コショウします。
4. あらかじめ色が透き通るまで炒めておいたタマネギを投入し、ざっくり切ったナスをいれ、しんなりするまで炒めます。
5. ココでトマトと少しの水を投入。今回はトマト缶が少し残っていたので、ついでに投入。(忘れていたカレーリーフ数枚も)
6. そしてスパイス類(コリアンダー・チリ・ターメリック・クミン)を入れ、それなりの塩を入れます。
7. 味をある程度確認し、フタをして10分程度弱火で煮ます。
8. 最後にガラムマサラを少々。塩で味を整え終了です。ここまで丁度30分。
すぐに食べ始めたので、味にばらつきがあるけど、具がいっぱいのカレーってやっぱり美味しいですね〜。(SB2)

にほんブログ村 グルメブログへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。