2008年04月17日

春の鯨祭。


前回紹介しました鵜方駅の杉の子(パルケ・エスパーニャ)の前日は恒例の賢島の宝来荘で一泊しました。
伊勢海老のコースで堪能したあとはお酒を呑みながらカセットコンロの上でいろんな缶詰を温めて頂きました。
私が持参した鯨の大和煮は少々高いですが抜群の肉圧と味付けで最高でした!ご飯にのせて一味ガケも贅沢な丼の出来上がりです。石水の鯨の大和煮S2B?C4。
そして翌日、鯨中毒な私は大丸で鯨カリー発見!7種類のスパイスで仕上げた黄金の味、伝説の三陸漁師カレーを現代風にアレンジしたそうです。
しっかりした鯨肉とニンジンがポロポロ、コレは旨い! 幻の三陸鯨カリーS2B?C5。(SB1)




にほんブログ村 グルメブログへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。