2008年01月27日

越中ラーメン 十一番超極太麺

蘇るあの味!越中富山の人々を唸らせた麺!
昭和中期の越中の港町魚津、ひとりの堅物の麺職人がおった。朝早くから麺を打ち、昼はオート三輪で麺を売り歩く。
彼の打った麺は、小麦の旨みが味わえ誰もが旨いと唸った評判の麺であった。あれから、半世紀、当時、町に活気を与えたあの麺を再現しました・・・。
私は鍋の後はこれです、冷麺にしてもコシがあるので最高です!
前回はカレーラーメンにいたしましたが、今回は鬼鍋で作った鬼チゲに投入!(SB1)




にほんブログ村 グルメブログへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。