2008年09月25日

やはり食は広州に在り。


スキャンダル続きの中国へ行って参りました。出発前は皆が心配しています。場所は広州から車で2時間の開平市。最近世界遺産に登録されたのでこれから人気がでるのかな?
私は違う土地では、その土地独自の物をできるだけいただくようにしています。そうすることで逞しく?なると信じています。
けどここは広州、冒険ではすまされないかも??


ホテルでの昼食、カレーらしき物をいただいてみました。やはりここ中国では期待できないようです。


夜、怪しいところに連れて行かれました。川沿いのレストランです。昼間は恐ろしく蒸し暑いけど、夜はまだ耐えれる範囲でした。


テーブルで注文せず、奥へ。水槽が並んでいます。嫌な予感・・・。


大きい水槽にはニシキゴイやカメさんが。どうやら飼われているものではないようです(汗)。


どれか選べと言われても・・・。イルカのようなかわいい顔した魚がこっちを見ている!


しょうがなく子供の時に良く釣った、このライギョ、コイ、ブラックバス、そしてテナガエビ、ナマズを頼みました。


持ち込みのヘネシーXOとともにテナガエビ・貝からいただいていきます。なかなか旨いやんか!!これはたぶんキャットフィッシュ(ナマズ)。甘くて旨辛!!


昔に食べたことあるブラックバス。やっぱりこれ淡泊すぎる。でも味付けがいい!


この日一番旨かったのはこれ!ライギョです。プリップリでした!!上にのってるのはピーナッツです。


この好みでつけるタレが最高!油で醤油と唐辛子を炒めただけらしいけど、真似はできないな。
この魚たち、テーブルの横に流れる川で取れたのかは定かではないですが、海が遠いからと言ってこんな全部たべんでも!!って叫びたかったですが、どれも旨かったので止めました(笑)(SB2)








にほんブログ村 グルメブログへ
posted by SB at 23:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | SBの香辛旅情-trip


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。