2007年09月29日

西本町 バンブルビー 1色攻め

前回の反省を踏まえ、迷わずカウンターに着席!
今回は全員、キーマ1色で攻める事にしました!
私とSB3は鴨肉大盛800円、SB1はとり肉大盛700円を注文。
正面には自作ファンを装備した真空管アンプが鎮座している。マスターによるとこのコンデンサーが店名の由来らしい。
しばらくしてSB1のもとにチキンが運ばれてきた。旨そう!!黒光りするルーがいかにもスパイシー!!鼻腔にスイッチが入る。
そして青ネギをしょって鴨さんがやって来た!我慢してまずは撮影。デジカメの液晶に映る玄米は白い。ホワイトバランスOK!
じっくり味わってみて、やはり体に優しいカレーなんだなーと思った。ルーの味は決して濃くはないので玄米が余り気味になるのだが、塩辛いアチャール(漬物)で補えばどうにかなります。京鴨に油濃さ・臭さは一切なく複雑なスパイスと相まって旨いです〜。「本日のカリー」は冬瓜とエビのカレーだった。独創的ですねー。(SB2)

私は一人、とりのカリー大盛をオーダーしました。前回はビリヤニベースにしたので今回は玄米にしました。
相変わらず苦っ辛いオリジナリティな味で満足でした!今度はもう少し辛くしてもらいます?
今日のBGMはAretha FranklinのA Rose Is Still A Roseのアルバムでした。(SB1)

SB1: S☆☆☆☆★ B☆☆☆☆☆ C☆☆☆☆☆
SB2: S☆☆☆☆★ B☆☆☆☆★ C☆☆☆☆☆
SB3: S☆☆☆☆★ B☆☆☆☆★ C☆☆☆☆☆




にほんブログ村 グルメブログへ

2007年09月26日

香川県 権平うどん

香川県にサイクリングに行きました。
夜、高松市繁華街、酒飲みに人気のカレーうどん屋を訪ねましたが、惜しくも定休日。
次の日、そこから東へ約50km、国道沿いの権平にてランチ。
ざるうどんの前にもちろんカレーうどんを注文しました!
スパイス控えめ、讃岐のモチモチと玉ネギのシャキシャキ感のハーモニーがたまりません。
これで十分じゃないの?と思わせるシンプルな味でした。(SB2)



SB2: S☆★★★★ B☆☆☆★★ C☆☆☆☆★

にほんブログ村 グルメブログへ

2007年09月25日

味仙四川麺の弟分

味仙のシセンメンの弟分をご紹介!(SB1)


味の時計台戎橋店の激辛ラーメン(醤油)
SB1: S☆☆☆★★ B☆☆★★★ C☆☆☆☆★


王将戎橋店のラァジャン麺
SB1: S☆☆☆★★ B☆☆★★★ C☆☆☆★★


にほんブログ村 グルメブログへ
タグ:四川麺

2007年09月23日

南船場 ヤムカレー

今回は「OPEN」でした!
8/25のランチ探訪のリベンジを果たす事ができました。トライベッカー推薦のヤムカレー(前回の店頭写真は隣のお店でした、スイマセン)。
スパイス臭漂う店内は薄暗く、レトロな小物がたくさん飾られた、かわいいけど怪しい空間です。
これまたポップな文字で書かれた黒板には結構沢山のメニューがあり、一同しばし選択に悩みます。
私とSB1は今日のおすすめ「ホウレン草チーズ」780円+大盛辛口100円を、SB3は「キーマ」大盛り辛口を選びました。
狭い厨房では、長髪+ハンティングのイケメンがルーを調製。そしてそのお母さん(あくまで推測)らしき人が皿を運んできてくれました。
おおーボリュームがあって旨そう!写真を撮る前に思わずパクついてしまいました。
トロトロのチーズを含んだサラサラ系のルーはしつこさもなく、大変好みな味!後からもしっかりスパイシーな感覚に満たしてくれます。
さぞかし研究したんだろうなー。見事なカレーでした。ただ、SB3注文のキーマ少しもらったけど、パプリカやナスが乗って見た目goodでしたが、ミートソースっぽい甘さが気になった。(SB2)

本日リベンジいたしました、SB2と同じくほうれん草チーズ大盛りにトライしました。
酒呑みの私としてはとても良いシャバシャバ感と辛さで若干残ってたアルコールを消してくれました。
Thank You! ヤムカレー&TRIBECKER(SB1)


SB1: S☆☆☆☆★ B☆☆☆★★ C☆☆☆☆☆
SB2: S☆☆☆☆★ B☆☆☆★★ C☆☆☆☆★
SB3: S☆☆☆★★ B☆☆☆★★ C☆☆☆★★

にほんブログ村 グルメブログへ

2007年09月21日

沖縄焼きそば



コーレーグス大量がけで!630円。梅田第3ビル、レストラン沖縄。(SB1)

にほんブログ村 グルメブログへ

2007年09月19日

チキン・ビリヤニ

「ビリヤニ」とは、見た目パエリアのようなインドの炊込みご飯です。
写真のものは以前、顧問の奥さんが、私の家族でめでたいことがあった時作ってくれたものです。
インドではお祝いごとがあった時に食べるご馳走だそうです。お家にたくさんの家族知人を招待して、大皿に大量に作るそうです。これはチキンですが、顧問のお家では通常マトンを使うそうです。
私もこの料理、この時初めて知ったのですが、あまり日本ではメジャーではないようですね。手間がかかるので、お店では割にあわないのかもしれません。味はクセのある物ではありません。日本人の口に非常に合うお料理だと思います。
奥にある、野菜をヨーグルトで和えた「ライタ」を添えていただきます。(SB2)


にほんブログ村 グルメブログへ

2007年09月15日

西本町 バンブルビー

いやあ、すべてにおいて個性的で癖のあるお店です。とはいえ、我々3人にとってはストライクでした!
そろって注文したのは、3色カリー(800円)大盛り(+100円)です。
内容はチキンカレー、マトンのキーマ、野菜カレーです。ご飯もセレクトでき、SB2.3は玄米、SB1はビリヤニ(+200円?)に挑戦しました。
随所にインド系のポスターやオブジェが飾られているが、雰囲気は完全に飲み屋。照明が落とされていて、こだわりの音響システムからはブルースが流れている。整列したスパイスは夜にはボトルに交代するのかなあ?と思い、聞いてみたところ、昼のみ開店の完全なカレー屋のようである。たしかにメニューのラインナップを見る限り片手間は無理ですね。
その中にあった「ジビエ」ってなんだったっけなーと思い、調べると、そうそう、狩猟による鳥獣肉のことです。鴨、猪、羊、馬、山羊を使ったカレーが揃っています!でも羊や山羊、馬は違うような気がするが??
写真うまく撮れなかったように、座ったテーブル席は大変暗かった。一皿に盛られたカレーは、どこまでがチキンでどこまでがマトンキーマなのか判別できず、さらにご飯とのペースバランスをミスってしまいました。次はかならずカウンターに座ろう。
しかしそれぞれ大変スパイシーで主張が激しいです。ペースト状のチキンカレーは絶品でした。帆立入りの野菜カレーもグッドでした。次はそれぞれ単品でじっくり味わってみよう。食後のアイスチャイも丁子がフルに効いた濃厚な逸品。
すべてにおいてインパクト大。見た目沖縄系のマスターは人当たりもよく、こりゃ独りで通ってしまいそう!的なお店でした。(SB2)

インディでブルージーでソウルフルなお店でした。3種類のカレーが乗った為、味がばらつきましたがチャイをつけて過去訪問最高金額1,450円を投入も大満足!
次は1種類づついただこうと思います。
OTIS CLAY(O.V.WRIGHTやったかも?)のPRECIOUS PRECIOUSで退店いたしました。(SB1)

SB1: S☆☆☆☆★ B☆☆☆☆☆ C☆☆☆☆☆
SB2: S☆☆☆☆☆ B☆☆☆☆★ C☆☆☆☆☆
SB3: S☆☆☆☆★ B☆☆☆☆★ C☆☆☆☆☆

にほんブログ村 グルメブログへ

2007年09月14日

芦刈(吹田サービスエリア)

SB1の香辛旅情第一弾。(カテゴリ追加のため2009.1.24に第一弾に変更。)
9月12日、信長の館を目指し近江八幡へ向かいました。
当然現地では近江牛を頂き、満腹感イッパイで帰路に向かいました。
しかしドライブの醍醐味はサービスエリアと語る私は吹田SAに入る事にしました。

最初に目をひかれたのは吹田軒のラーメン、しかしSBとしてはカレーライスを食べない訳にはいきません。ノーマル500円とミニ300円とあり、すかさずミニをオーダー(お腹一杯)!
黄色いフルーティなビーフカレーで懐かしさに包まれました。しかしここの一番人気はカレーうどん!
次回の標的が生まれました。 (SB1)
asikari.jpg070912_1811~01.jpg070912_1838~01.jpg
カレーライスミニ
SB1: S☆★★★★ B☆☆★★★ C☆☆☆★★

にほんブログ村 グルメブログへ
posted by SB at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | SBの香辛旅情-trip

2007年09月12日

タンドリーチキン

タンドール(インドの円筒状の土釜)で焼くので、「タンドーリチキン」が正しいのかいな?という疑問が浮かんだので、ググってみると、「タンドーリチキン」21,000件に対して、「タンドリーチキン」は606,000件の記事があった。
ということで日本では「タンドリーチキン」という呼び方が一般的らしい。
写真は、SB顧問に買ってきてもらう「タンドリーマサラ」。タンドリーチキン用にブレンドされたスパイスです。こいつがあれば簡単に本格的なものができちゃいます。
1. 鶏さんを用意します。今回はCostcoで安く仕入れた丸鶏を使いました。骨付きももが一番です!皮はあらかじめ取っておきましょう。
2. すり下ろしたニンニクとショウガ、そして塩をレモン汁にいれて混ぜます。
3. プレーンヨーグルト、タンドリーマサラ、辛味アップのためチリをドサッといれしっかり混ぜます。
4. このままでは茶色いので、あの美味しそうな色にするため、パプリカ色素を少々いれます。
5. お肉をまんべんなく漬け込み冷蔵庫へ。1〜3日寝かせます。
6. 問題は焼き方。どこの家庭にもある魚用グリルを使用します。できるだけ遠火にするため底の網を取ってホイルを敷き、最小の火でゆっくり火を通します。できるだけ焦げないように何度もひっくり返します。
7. 皿に盛りつけレモンをかけて完成!私は代わりにオリーブオイルとバルサミコを付けて食べます。
お店のパサッとしたのとちがってジューシーなので、スパイシーチキンって感じですがいつ食べてもウマー!!です。(SB2)

にほんブログ村 グルメブログへ

2007年09月11日

CoCo壱 道頓堀店


マグロカツカレー(9月末まで)。
仕事前に時間が無いので久しぶりにCoCo壱に入りました。ポスターにマグロカツカレーとあったのですかさずオーダー!
あっ、ベースをビーフに変えるの忘れました。ポークより美味しいらしいです。しかしマグロカツはポークが合うかな?ありがとうキングオブファーストカレー!(SB1)

SB1: S☆★★★★ B☆☆★★★ C☆☆★★★

にほんブログ村 グルメブログへ
タグ:カツカレー

2007年09月07日

三津寺 味仙(番外)

ここはオープンから来てますが大人な四川麺の食べ方が出来ました。SB2との男のアジアの涼み方が出来ました!肉体温上がり外涼し。(SB1)


深夜3時。すでに道頓堀のネオンが消え始めた。
明日出撃予定のランチ探訪が延期となったのでSB1とともに三津寺横の名店、味仙へ。毎度のごとくシセンメンを注文すると「まじか?!」といった顔をされる。決してすするべからず。むせて食べる事ができません(笑)。(SB2)

SB1: S☆☆☆☆★ B☆☆☆☆★ C☆☆☆☆☆
SB2: S☆☆☆☆★ B☆☆☆★★ C☆☆☆☆☆

にほんブログ村 グルメブログへ
タグ:四川麺

2007年09月06日

ありものでスープカレー!

なにかつくりたいなぁと冷蔵庫を見た所、ニンジン・じゃがいも・ブロッコリーなど根菜ばかり。そこで思いついたのがスープカレー。実際食べたことないんですけどあくまで想像で作ってみました。
途中、爽やかにしたいなと思いヨーグルトを入れてみました。コクが足りないので最後にバターも入れてみました。こんな感じでいつも適当です(笑)。
スパイスはあらかじめ炒めておいたので、口に入れた瞬間、ジョワっといい感じに広がります。
なかなかいけますね〜!(SB2)
IMGP0685.JPG

にほんブログ村 グルメブログへ

2007年09月04日

ピンでローマ館

朝からバタバタしてあっという間に2時前!ちょうど名店は空き始めるころだし、カシミールに寄ってホウレンソウチーズでもいただいてみようかなーっと北浜へ向かいました。
近くのコインパーキングに勢いよくクルマを突っ込み、早足でお店へ。ところが・・・な、なんと!入り口が閉まっている!店頭には張り紙が・・。
「8/22〜9/17お休みをいただきます。」・・・・(TOT)。
あー、すでに、口の中はカレーモード。すかさずSB3にラクシュミの営業日を確認してもらう。これまた水木金土のみの営業・・・・ガックリ。
時間がないので先に用事を一軒済ませることにした。心斎橋に向かう途中、正面には巨大な入道雲が。凄い迫力!思わずパシャッ。
そこで思い出したのがローマ館。あそこなら喫茶店だしこの時間でもOKかなー?と新町へ寄った。
ドアを開け、すかさず「カレーまだありますか?」と聞くと「いつでもありますよ!」とママ。
今回はチキン大盛り爆辛を注文。辛さは最大の爆にしてはそれほどでもない。チキンはキーマよりマイルドなのかな?やっぱり乳っぽいしつこさがあるな〜。とか考えながら、あっという間に完食。ママに「いってらっしゃい〜」と見送られながらお店を出ました。満足。満足。

SB2: S☆☆☆★★ B☆☆☆☆★ C☆☆☆☆★


にほんブログ村 グルメブログへ

2007年09月01日

天満 梨花食堂

SB1は起きれず今回の出撃は欠席!
ここは天神橋商店街横の去年オープンしたお店です、外の満席待ちのベンチからは関西テレビの塔が見えます。近くに2店舗目を出店し、なかなか好評のお店らしいです。
店内はカウンターのみ、奥の棚にはスパイスの瓶が綺麗に並んでいます。しかし中身は全て満タン、隣の棚の世界のビールボトル同様、ただのディスプレイのようである。
私はチキンカレー大盛(ライス300g)、SB3はがんばって野菜カレー特盛(ライス450g)を注文。
ここの大きなサービスとしては、無料で大盛りにできる以外に、ボールに盛られたサラダが食べ放題なこと。これは大変ありがたいですね。ドレッシングも3種類ありますし。
さて、肝心のお味は・・・。
甘いです。まったりです。30種類のスパイスを調合し、日本人の口に合う本当のカレーを作りました!とHPに書いてあったが、んーこれは、好みの分かれるところです。
どうも甘さ・まったり感がレトルトっぽい。インディアンカレーのようにパンチのある辛さがあればいいのですが・・・。特盛り頼んだSB3は塩味が足りないらしく、あと少しの所でギブアップ!
HPの完成度を見てもわかるように、サービスやインテリアなど表面的なところに飲食店コーディネーターの仕事が見える。というわけで厳しい評価となってしまいました。(SB2)

SB2: S☆☆★★★ B☆☆☆☆★ C☆☆★★★
SB3: S☆☆☆★★ B☆☆☆★★ C☆★★★★

にほんブログ村 グルメブログへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。