2007年07月31日

なすミンチカレー

今日は30度を越える気温にもかかわらず湿度は30パーセント台。7月最終日というのにどうなっているのでしょう?ま、気持ちいいからいいか・・・。
夕方、急にカレーを食べたいとの申し入れがあり、急遽作る事となりました。今回は冷蔵庫にありもの、、ナスと合い挽きミンチでのカレーです。
1. 潰したカルダモンとシナモンを熱した油でプツプツします。
2. そこへニンニクとショウガを投入して、いい匂いを感じておきます(笑)。
3. ミンチを投入し、臭みがなくなるよう、しっかり色が変わるまで炒めます。少し塩コショウします。
4. あらかじめ色が透き通るまで炒めておいたタマネギを投入し、ざっくり切ったナスをいれ、しんなりするまで炒めます。
5. ココでトマトと少しの水を投入。今回はトマト缶が少し残っていたので、ついでに投入。(忘れていたカレーリーフ数枚も)
6. そしてスパイス類(コリアンダー・チリ・ターメリック・クミン)を入れ、それなりの塩を入れます。
7. 味をある程度確認し、フタをして10分程度弱火で煮ます。
8. 最後にガラムマサラを少々。塩で味を整え終了です。ここまで丁度30分。
すぐに食べ始めたので、味にばらつきがあるけど、具がいっぱいのカレーってやっぱり美味しいですね〜。(SB2)




にほんブログ村 グルメブログへ

2007年07月28日

新町 ローマ館

見た目なんの変哲もない喫茶店ですが、ここのカレーは本格的で、謎のインド人が作っているらしい。
本当かどうか味を確かめるべく、暑い日差しの中、まもなく存続が断たれる厚生年金会館前に集結しました。
店内に入ると、手前には漫画本がずらっと並び、奥のブラウン管からは再放送のドラマが流れ、いかにも地元のオアシスといった感じ。
オレンジ色の質素なメニューには、チキン700円・キーマ(ビーフ)700円・野菜カレー700円とある。辛さはチョビ辛(3倍)・やや辛(5倍)・大辛(10倍)・激辛(15倍)・爆辛(20倍)とある。
前回の訪問地では刺激を得られなかったので、今回はSB1と同じく激辛を注文。さらに大盛り(+100円)。いつもひるみ気味のSB3も頑張って大辛大盛りを注文。
カウンターの中、棚に飾られたスターウォーズのフィギュアの横にはバーボンが並んでいる。その手前でほぼスッピンのママがせっせと動いている。でもあくまで優雅でなめらかな動き。そのよこで娘さんらしき女性がフォローしている。夜はスナック・バーとして繁盛しているのだろうか。
さて肝心の味・・・噂は本当かもしれない。ジャパニーズカレーの味にはない複雑な広がりがあった。美味しいです。後からジョワーと来るが辛さは程よい。ただ大盛りにかかわらずターメリックライスの量が少なかったかな。あと酸味はいい感じだったが、個人的に乳系のコクがしつこく感じられた。なので結果的に今回の激辛+大盛りは丁度よい満腹感だった。帰りに感じるわずかな胃の焼ける感覚が気持ちよい。(SB2)

SB1: S☆☆☆★★ B☆☆★★★ C☆☆☆☆★(激辛)
SB2: S☆☆☆☆★ B☆☆★★★ C☆☆☆☆★(激辛)
SB3: S☆☆☆★★ B☆☆☆★★ C☆☆☆☆★(大辛)


にほんブログ村 グルメブログへ

2007年07月26日

新歌舞伎座 一休

ikkyu.jpgSB1の香辛旅情第一弾→(カテゴリ追加のため2009.1.23からは辛麺紀行)。
一休のカレーうどん600円。7月26日、日活ファンな私は小林旭特別公演に行って来ました(今月2度目)。
場所は新歌舞伎座、このハコ自体は4回目ですが、舞台ともう一つの楽しみが幕間の食事です。歌舞伎座弁当も勿論良いのですが、私は3階にある一休のカレーうどんなんです!
讃岐スタイルの腰のある太めの麺にビーフ、キザミ、ネギの入ったカレーダシ!(麺とダシのグレード高し)しかし公演を観ないと食べれませんm(__)m
幕間30分間弱の高温スパイシースープとの闘いがタマリマセン。
一度このマイトガイカレーうどんをいかがでしょうかー。(SB1)

SB1: S☆★★★★ B☆☆☆★★ C☆☆☆☆★

にほんブログ村 グルメブログへ

2007年07月25日

千林 ダイヤ

ローカルなとこまでやってきました。旭区千林商店街の入り口付近です。
すぐ近くにはチェーンの「印度屋」があった。
さて、店頭には「本当においしい店」とある。予習してきたのだが、ここは創業以来ルーを足し続けているらしい。よほどコクがあるのだろう。
店内は喫茶店そのまま。カレーのラインナップも揚げ系トッピングが中心。カツ2枚やエビフライ、コロッケが載っている「トマホークカレー」なる大食漢向けメニューもある。
お腹空いていたし、せっかくの遠征なので「カツカレー大盛りセット」を注文。セットにはサラダとドリンクが付いてくる。
揚げが載っているだけに少々待った後、最初に大盛りがでてきた。思わずおおーと唸る。なかなかのボリュームだ。
表面には崩れたビーフが散らばっていて見た目にも美味しそう。まずはカツから頂きます。脂身少なくサクサクしていて嬉しくなった。ルーの具合は予想よりもサラッとしていて美味しい。でもスパイシーさに欠ける、いわゆるドミ系だった。
全員無言で一気に完食。
レイコー飲みながら、お店にあったぴあのカレーガイドをパラパラ。次の標的を設定しました。(SB2)

SB1: S☆☆★★★ B☆☆☆★★ C☆☆☆★★
SB2: S☆☆☆★★ B☆☆☆★★ C☆☆☆★★
SB3: S☆☆★★★ B☆☆☆★★ C☆☆★★★


にほんブログ村 グルメブログへ
タグ:カツカレー

2007年07月22日

カレーパーティ

昨日、SB顧問の家でパーティーが行われました。
男4人+女ひとり、全員同じジムの同僚です。そのうち二人はつい最近、ボディビル大会に出たところです。今はリバウンドの最中、いつもお腹を空かせています。
今回のSB顧問が作ったメニューは、
ミンチカレーのタイガーピザ(写真なし)、チキンカレー、野菜ダルカレー(オクラ)、タンドリーチキンです。
ん〜やはり旨い。チキンカレーは骨付きが一番だな。初めて食べるオクラカレーも最高。今度作って見よう。
インド人のカレーを初めて食べるマッスル達は大喜び。いつものことだが、初めての人はかならずタンドリーチキンの旨さに感動する。
今回いただいたお土産は、カレーリーフ・マスタードシード・サンバルパウダー・ダールです。(SB2)


にほんブログ村 グルメブログへ

2007年07月20日

鰻谷 ルーデリー

心斎橋鰻谷にある老舗店です。
旧パルコ前で待ち合わせ。そこから東へ歩いて5分ほどで到着。店頭には「辛いカレーの店」と書いてあり、気合いが入ります。
SB1は15年ほど前にここに来たらしい。なるほど店内の至る所に古さを感じさせます。
メニューはビーフかチキン。辛さは30倍まで増強可能。10倍以上は100円アップ。私は初回という事で大人しく10倍のビーフ大盛りにしてみた。
すぐに運ばれてきました。さすがに具はチキンより少ないがコクはそれなりにあります。それよりもルーはサラサラでさわやかなスパイス加減!前回のランプハウスのこってりルーとは対極です。個人的にはこちらが好み。何度かラッキョをサーブしながら一気に完食。
ここはサービスでショットグラスに入ったラッシーが付いてきます。カルダモンが弱かったのが残念だったが、甘くまろやかで美味しい。
辛さ・量も8分目、程よく終えた気持ちよさがありました。頭の中もすっきりした感じ。妙にメニューのことばに納得してしまいました。(SB2)

SB1: S☆☆☆☆★ B☆☆★★★ C☆☆☆☆☆(10倍)
SB2: S☆☆☆★★ B☆☆☆★★ C☆☆☆☆★(10倍)
SB3: S☆☆★★★ B☆☆☆★★ C☆★★★★(5倍)

にほんブログ村 グルメブログへ

2007年07月10日

北浜 ランプハウス

場所は北浜ヴィークタワーの前、難波橋からすぐです。ピーク過ぎを狙っていきましたが、少々待たされ店内へ。装飾が変わっていてカウンター上に船舶用のランプがぶら下がっています。さらにジャズが流れ、レトロ度満点です。
カウンターの中では年配の夫婦(推測)が切り盛りしています。サービスは奥さん、調理は旦那といった具合です。
ここはメニューが何種類かありましたが、ついつい具が多い「特別カレー」の大盛りを注文してしまいました。
旦那さんが注文ごとに雪平鍋でルーを暖めて行きます。その間、皿にご飯を盛って行きます。それを見てたじろぎました、めちゃめちゃ多い(泣)。
福新漬を載せたあと、一口目を口に運びます。ルーの具合が大変ヘビー!ずっしりとろみがあり味も濃い口です。デミグラシー(造語)で、懐かしい洋食屋の味といった感じです。ご飯を必要とする味・・・ライスとルーをバランスよく減らすことばかり考えていました。
奥さんは口拭き用のティッシュを渡してくれたり、サービスに努めています。「またよろしく!」と何度も言われました。一人で食事する常連さんばかりだったのも納得です。次はシチューカレー・サラダ付かな。(SB2)

SB1: S☆☆☆★★ B☆☆☆☆★ C☆☆☆★★
SB2: S☆☆☆★★ B☆☆☆☆☆ C☆☆☆★★
SB3: S☆☆☆★★ B☆☆☆☆★ C☆☆★★★

にほんブログ村 グルメブログへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。